FC2ブログ

すうじスクラップ:ランキング

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄道路線混雑率ランキング/2008年度

2010 - 05/26 [Wed] - 09:53

【1位:JR京浜東北線 上野-御徒町】

1. JR京浜東北線 上野-御徒町
2. JR山手線(外回り) 上野-御徒町
2. JR総武線(緩行) 錦糸町-両国
4. JR埼京線 板橋-池袋
5. 東京メトロ東西線 木場-門前仲町

朝の通勤ラッシュに閉口している人は多いはず。「数字でみる鉄道」(運輸政策研究機構)をもとに、鉄道混雑率(2008年度)をランキングしたところ、全国1位はJR京浜東北線(上野-御徒町)だった。
2位タイのJR山手線(外回り)も最混雑区間は上野-御徒町間。乗車率は体が触れあい相当圧迫感がある200%を超える。高崎線など北関東からの路線が上野駅終点のため、東京駅方面に向かう乗客が両線に乗り換えるのが原因だ。JR東日本は2013年度中に上野駅から東京駅への乗り入れルート「東北縦貫線」を開通する計画。乗り換え客が減り、「混雑緩和が期待できる」(JR東日本)という。
近年は混雑緩和が進んでいるものの、首都圏はまだ高水準。東京メトロ東西線や東京急行電鉄田園都市線では、オフピーク通勤をする乗客に特典を与えるキャンペーンを実施するなど、ソフト面での対策にも力を入れている。
近畿圏では地下鉄烏丸線(京都-五条間)が151%で首位。中部圏では地下鉄東山線(名古屋-伏見間)がトップだった。

>>日本経済新聞 2010年5月25日付 夕刊

世界の大手鉄鋼メーカー粗鋼生産量ランキング/2009年

2010 - 04/07 [Wed] - 20:55

【1位:アルセロール・ミタル】

1. アルセロール・ミタル(ルクセンブルグ) 7320万トン
2. 河北鋼鉄集団(中国) 4024万トン
3. 宝鋼集団(中国) 3887万トン
4. ポスコ(韓国) 3110万トン
5. 武鋼集団(中国) 3035万トン

世界の鉄鋼市場で中国メーカーの存在感が一段と高まってきた。主要メーカーの2009年の粗鋼生産を集計したところ、中国勢は上位5社に最多の3社が入った。新日本製鉄とJFEスチールは、リーマン・ショックの影響で鋼材需要が急減した影響を受け、7位以下が確定した。

>>日本経済新聞 2010年4月7日付 朝刊

世界商品先物取引所ランキング/2009年

2010 - 04/07 [Wed] - 11:44

【1位:上海先物取引所】
 
1. 上海先物取引所 434.8万枚
2. 大連商品取引所 416.7万枚
3. ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX) 362.4万枚
4. 中国鄭州商品取引所 227.1万枚
5. ICEフューチャーズ・U.S. 164.7万枚
6. インド・マルチ商品取引所 160.4万枚
7. シカゴ商品取引所(CBOT) 136.1万枚
8. ロンドン金属取引所 106.4万枚
9. ICEフューチャーズ・ヨーロッパ 38.9万枚
10. インド国立商品デリバティブ取引所 29.9万枚

世界の商品先物市場で中国勢が大きく躍進している。2009年の取引所別の売買高ランキングで中国・上海先物取引所が初めて首位に立った。中国の旺盛な内需を背景に、非鉄や燃料油の取引が活発になり、前年の6位から一気に順位を上げた。前年1位のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)は3位に後退。先進国の商品取引が伸び悩む中、インドを含む新興国が存在感を増す構図が鮮明だ。

>>日本経済新聞 2010年4月6日付 夕刊

« | HOME |  »

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。