fc2ブログ

すうじスクラップ:薄型テレビ市場/2007年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

薄型テレビ市場/2007年

2008 - 11/19 [Wed] - 17:30

【9046万台】

薄型テレビの世界需要が拡大している。2007年の薄型テレビの世界出荷台数は約9046万台で、2004年の7.8倍に成長。うち88%を液晶テレビが占める。価格下落やブラウン管テレビからの置き換えを背景に前年比で1.6~2倍のペースで成長しており、全世界で急速に普及が進んでいる。
地域別に見ると需要拡大をけん引したのが米国と欧州。それぞれ2004年と比べて8.8倍、8.3倍と高い伸びを示した。住宅の面積が広い米国では、40インチ以上の大型テレビが占める割合は38%と日本の18%、欧州の24%より高い。
一方、日本は普及し始めた時期は早かったものの、ここにきて需要の頭打ち傾向が見え始めた。
伸び率は中国が最も高かった。経済成長を背景に販売台数は3年で約24倍となり、2007年には日本の販売台数を上回った。
米国の市場調査会社「ディスプレイ・サーチ」によると、2008年の薄型テレビの世界需要は2007年比32%増の1億1959万台となる見込みだ。

>>日本経済新聞 2008年11月18日付 夕刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/26-aed14a65

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示