すうじスクラップ:エナジードリンク市場/2013年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

エナジードリンク市場/2013年

2014 - 04/24 [Thu] - 11:30

【362億円】

食品・飲料メーカー各社がカフェインなどを含み、爽快感を味わいたいときや眠気覚ましなどに向く「エナジードリンク」に相次ぎ参入する。UCC上島珈琲は5月に同社初の製品を発売し、常盤薬品工業は10月から全国販売を始める。エナジードリンクは従来型の栄養ドリンクを飲む習慣がない若者層に受け入れられ、飲料市場で新たな分野を確立している。
エナジードリンク市場は急拡大している。調査会社の富士経済(東京・中央)によれば、2013年の国内市場(推定値)は362億円で前年比33%拡大した。飲料総研の宮下和浩取締役は「大学生などの若者が、遊びに行く前などに飲んでいる」と分析する。
エナジードリンクの販売が伸びる一方で、従来の栄養ドリンクは苦戦が続く。富士経済によれば、2013年の栄養ドリンク市場は約1592億円だったもよう。この10年間で、ほぼ2割縮小した。

>>日本経済新聞 2014年4月24日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2465-1165baa6

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。