すうじスクラップ:家庭用プリンターの販売台数/2012年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

家庭用プリンターの販売台数/2012年

2013 - 10/31 [Thu] - 11:13

【550万台】

年賀状シーズンに向けて、家庭用プリンターの需要が盛り上がってきた。今年の新製品はスマートフォン(スマホ)などとの連携機能を強化したり、パソコンを使わずに年賀状のデザインを作れたりするなど利便性をさらに高めた。小型ながら、大きめのA3判を印刷できる機種も登場、使い勝手を競っている。
家庭用プリンターの2012年の販売台数は550万台(キヤノンMJ調べ)。前年比3.2%増だが、ここ10年近く500万台前半で横ばいだ。新規購入のほか安定した買い替え需要があるようだ。
カラフルなモデルの販売が伸びている傾向もある。調査会社GfKジャパン(東京・中野)によると黒やシルバー系が減り、白に加えて、赤などが増えている。印刷画質が高まり基本性能が差がつけにくくなるなかで、「スマホとの連携などの付加機能や、インテリア性を重視したデザインや設置性をアピールする姿が目立つ」(同社のアナリスト)という。

>>日本経済新聞 2013年10月31日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2372-2e1f24d2

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。