すうじスクラップ:コードレス電話機の出荷台数/2012年度

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

コードレス電話機の出荷台数/2012年度

2013 - 09/19 [Thu] - 09:58

【153万台】

家庭の固定電話で人気の機種がデジタルコードレス電話機だ。子機をコードなしで手軽に持ち運べるのに加えて、親機の受話器部分のコードレス化も進む。停電時に通話ができたり、迷惑電話を防止したりする機能が充実。高齢者などの利用を意識して、文字表示や操作法、デザインに工夫を凝らしている。
コードレス電話機は親機と子機の間にコードが不要で、子機を自由に持ち運べる電話機のこと。かつてはアナログの無線技術を使ったが、現在はほぼデジタル方式だ。電子レンジなどと干渉しにくい国際規格を採用、クリアな通話ができる。
情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)によると、コードレス電話機の国内出荷台数は2012年度153万台。ここ数年150万台前後で推移、携帯電話やスマートフォンが普及しても安定した需要がある。
調査会社のGfKジャパン(東京・中野)によると、2012年度の家電量販店でのコードレス電話機の販売台数は2009年度と比べると11%増。一方で同時期にファクシミリ(電話との複合機含む)は11%減だ。「小学生以下の子供がいる家庭は連絡先にファクシミリを選ぶが、他は小型でかさばらないコードレス電話機を選ぶ傾向も強い」(パイオニア)という。

>>日本経済新聞 2013年9月19日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2359-97811abc

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。