すうじスクラップ:トイレットペーパーの生産量/2012年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

トイレットペーパーの生産量/2012年

2013 - 07/09 [Tue] - 10:46

【103万トン】

国内紙商社最大手の日本紙パルプ商事は2015年3月、静岡県で製紙原料として再利用が難しかった古紙を使う家庭紙の大型工場を新設する。磁気シートが貼られた切符や樹脂フィルムが付けられた紙パックなどを主原料にトイレットペーパーなどを生産する。国内の製紙業界でも先駆的な取り組みとなり、資源の有効利用につながる。投資額は100億円程度。古紙の新たな再利用技術として競合他社が追随する可能性がある。
日本の製紙業界では王子ホールディングスなど各社が古紙リサイクル技術の開発に力を入れている。ただ、消費者が直接手に触れる家庭紙の主原料として金属分の含まれた古紙を使うケースはほとんどない。日本紙パルプ商事は業界に先駆けて、再生が難しい古紙を使う家庭紙の大型工場を建設する。
トイレットペーパーの国内生産量は2012年約103万トンだった。金額ベースの市場規模は1500億円程度とされる。古紙を原料とする再生品の比率は約65%で、ここ数年で徐々に比率が高まっている。大手各社が厳しい販売競争を続けている。日本紙パルプの競合他社もコスト削減のために古紙利用技術の開発を加速させそうだ。

>>日本経済新聞 2013年7月9日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2332-4020a911

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。