すうじスクラップ:電子書籍市場/2012年度

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

電子書籍市場/2012年度

2013 - 07/02 [Tue] - 11:08

【720億円】

任天堂は大日本印刷と提携し今秋から児童向け電子書籍の配信事業を始める。国内で1100万台を販売した携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」向けに専用の電子書店を設け、小中学生向けの児童書300タイトルを販売する。子供や若者に人気の3DSは電子書籍向け専用端末の約10倍の利用者を抱えており、市場の裾野が一気に広がりそうだ。
調査会社インプレスビジネスメディア(東京・千代田)によると、2012年度の国内の電子書籍市場は720億円だった。これが2017年度には3.3倍の2400億円になる。電子書籍を読むための専用端末の国内累計販売は100万台程度とみられ、現在はスマートフォン(スマホ)やタブレット(多機能携帯端末)へと移っている。
児童書の国内市場は年約800億円。今後、小中学生が人気ゲーム機を通じて電子書籍に親しめば、市場の成長を後押しすることにつながる。

>>日本経済新聞 2013年7月2日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2327-5927c8bb

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。