すうじスクラップ:パソコン・タブレットの出荷台数/2012年度

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

パソコン・タブレットの出荷台数/2012年度

2013 - 05/16 [Thu] - 16:42

【パソコン:1505万7000台】
【タブレット:397万台】


パソコン各社が一斉に値上げに踏み切る。円安で本体や部材の調達コストが上昇したためで、NECパーソナルコンピュータ(東京・品川)は夏モデルの想定価格を約5%引き上げる。富士通や東芝も量販店に値上げを要請した。タブレット(多機能携帯端末)の普及に押され、背水の陣が続くなかで利益の確保を狙うが、販売不振に拍車がかかる可能性もある。
急速に普及するタブレットに押され、各社のパソコン事業の収益は悪化している。販売も伸び悩んでおり、生産の効率化などを進めるだけでは円安によるコスト増を吸収できないと判断した。
勢いの差はすでにはっきりしている。MM総研によると、2012年度の国内出荷は、パソコンが2011年度比1.6%減の1505万7000台と6年ぶりの減少。一方、タブレットは39%増の397万台と急伸した。
パソコンの割高感が強まれば、パソコン離れに拍車がかかる可能性もある。BCNの道越一郎アナリストは「ユーザーのノート離れが始まっている。(パソコンメーカーは)タブレット中心の戦略に切り替えるべきだ」と指摘している。

>>日本経済新聞 2013年5月15日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2305-b1c0f66a

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。