すうじスクラップ:商店街の空き店舗率/2012年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

商店街の空き店舗率/2012年

2013 - 04/26 [Fri] - 17:06

【14.6%】

サンドラッグは都市部で小型のドラッグストアの多店舗展開を始める。ドラッグ大手は郊外型の大型店の出店に力を入れているが、気軽に歩いて来店できる高齢者向けの需要が高まると判断した。コンビニエンスストアの7割程度の広さに医薬品や日用品を集めた新型店を出す。全国で増えている商店街の空き店舗を安い賃料で活用。3~5年で70店を開く計画だ。
中小企業の調査によると全国の商店街の空き店舗は増えている。2012年の空き店舗率は14.6%と3年前と比べ4ポイント近く上昇。サンドラッグは賃料が安い退店跡地を狙い店舗網を広げ、収益性を高める。

>>日本経済新聞 2013年4月26日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2294-e18c8b4b

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。