すうじスクラップ:家庭用ゲーム市場規模/2012年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

家庭用ゲーム市場規模/2012年

2013 - 04/12 [Fri] - 11:40

【4479億円】

ゲーム専門誌「ファミ通」発行のエンターブレイン(東京・千代田)が5日発表した2012年度の国内家庭用ゲーム市場規模は、2011年度比1.2%増の4479億円だった。任天堂の据え置き型の新型機「Wii U」の投入などでゲーム機の販売が増えた。家庭用ゲーム市場は5年ぶりに増加に転じ、底打ち感が出てきた。
ゲーム機市場は2011年度比で5.0%増の約1788億円。任天堂が携帯型の「ニンテンドー3DS」でも新機種を投入したほか、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)も一部機種を値下げしたことが寄与した。ソフト市場は金額ベースでは1.2%減の約2690億円となったが、販売本数ベースでは0.4%増と横ばい。
家庭用ゲーム市場はスマートフォン(スマホ)などで遊ぶソーシャルゲームに押され、直近のピークである2007年度から5年で34%減少した。ゲーム各社は市場の活性化に期待をかけている。

>>日本経済新聞 2013年4月6日付 朝刊

人気ブログランキングへ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2276-82c60490

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。