すうじスクラップ:印刷・情報用紙の国内生産量/2012年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

印刷・情報用紙の国内生産量/2012年

2013 - 03/05 [Tue] - 15:18

【842万トン】

日本製紙は4日、主力の印刷用紙の出荷価格を4月21日出荷分から引き上げると流通会社に伝えた。上げ幅は1キロ15円(約15~20%)以上で、値上げ表明は2011年7月以来1年8カ月ぶり。直近の円高修正で割安な輸入品の流入は減っているが市況は回復せず、生産能力や人員の削減に踏み切っても採算割れが続いている。情報端末の普及で紙消費は減っており、需要家との交渉は難航が予想される。
日本製紙連合会によると、2012年の紙(段ボールなど板紙除く)の国内生産量は1507万トンで印刷・情報用紙は56%の842万トンと最も多い。残りは新聞用紙(325万トン)や包装用紙(87万トン)などが占める。印刷用紙(塗工紙標準品)の東京地区の取引価格は現在1キロ92円。直近の高値だった昨年2月に比べ14.5円(約14%)下がった。

>>日本経済新聞 2013年3月5日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2253-0941e517

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。