すうじスクラップ:家電小売市場/2012年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

家電小売市場/2012年

2013 - 02/21 [Thu] - 20:14

【7兆4800億円】

調査会社のGfKジャパン(東京・中野)は20日、2012年の家電小売市場が前年比11%減の7兆4800億円だったとの推計を発表した。8兆円を下回るのは4年ぶり。家電エコポイント制度や地上デジタル放送移行に伴う特需が2011年夏までに終わったのが響いた。薄型テレビが数量ベースで6割減った一方、スマートフォン(スマホ)は大幅増となった。
全国の家電量販店や携帯電話専門店、総合ネット通販企業のPOS(販売時点情報管理)データなどをもとに算出した。家電市場全体に占めるインターネット通販が占める比率は「前年の8%弱から10%弱に高まったとみられる」(同社)という。
薄型テレビの販売数量は837万台。2010年、2011年と2000万台を超えていた反動で、年間1000万台程度で推移していた特需前の水準を大きく下回った。パソコンは4%減の645万台と、6年ぶりのマイナス。タブレット(多機能携帯端末)が197万台と75%増えた影響もあったとみられる。
スマホは法人向けの卸売販売を含めて2550万台で、携帯電話全体に占める比率は前年の44%から67%に急上昇した。同社では「初期のスマホからの買い替えが始まっている」とみている。

>>日本経済新聞 2013年2月21日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2243-bfb9e119

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。