すうじスクラップ:日本企業の売上高/2012年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

日本企業の売上高/2012年

2013 - 01/30 [Wed] - 10:18

【1302兆2523億円】

経済産業省・総務省は29日、2012年の「経済センサス・活動調査」を発表した。企業活動の国勢調査と位置付ける新しい統計で、今回初めて各企業の業績を集計した。全産業の売上高は1302兆2523億円、粗利益に近い「付加価値額」は242兆6658億円になった。岩手、宮城、福島の被災3県では震災後1割前後の事業所が減ったこともわかった。
2012年2月1日を調査日として全国の企業活動を調べた。2009年に事業所数のみの調査は実施したが、業績まで聞いたのは今回が初めて。調査結果は政策立案や国内総生産(GDP)統計の作成などに生かす。
日本全体の企業数は409万6578社で、2009年に比べ8.6%減少した。業種別では「卸売業・小売業」が最も多く全体の2割を占め、次いで「宿泊業・飲食サービス業」となった。
売上高でも、「卸売業・小売業」が400兆円と全産業の3割を占め、次いで「製造業」が342兆円と全体の26%を占めた。
付加価値額をみると「製造業」が最も多く53兆円となり、全産業の2割を占めた。ものづくり産業の収益力を印象づけた。次いで「卸売業・小売業」「金融業・保険業」と続いた。
2009年の調査と比べると、17産業中16産業で事業所数・従業員数が共に減少した。一方で医療・福祉のみ事業所数・従業員数どちらも増加しており、高齢化に伴う産業構造の変化を印象づけた。

>>日本経済新聞 2013年1月29日付 夕刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2223-9af5bb59

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。