すうじスクラップ:スマホ用コイル部品の世界市場規模/2011年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

スマホ用コイル部品の世界市場規模/2011年

2013 - 01/17 [Thu] - 10:36

【304億円】

進化するスマートフォン(スマホ)向け電子部品の小型化競争が熱を帯びてきた。高速通信サービスなどに対応するため、年々複雑化している電源回路が主戦場だ。太陽誘電やTDKなどが「世界最小」や低コストを競う。スマホ部品は米アップルと韓国サムスン電子の2強に採用されるかどうかでシェアが大きく変動するため、先陣争いが激しくなっている。
高速通信サービス「LTE」やCPU(中央演算処理装置)の処理能力向上に対応するため、スマホの電源回路は複雑化しており、最新のスマホは1台に10個以上の電源用コイルを搭載する。スマホ本体を薄く軽くするために、より小さな部品が必要になっている。
調査会社の産業調査会(東京・港)は、スマホ用コイル部品の世界市場規模は2011年実績で304億円、2012年は40%増の435億円とみている。

>>日本経済新聞 2013年1月12日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2202-254d92aa

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。