すうじスクラップ:朝食を抜く人の割合/2010年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

朝食を抜く人の割合/2010年

2013 - 01/09 [Wed] - 10:37

【11.9%】

朝食を抜く人の割合が増えている。厚生労働省の国民健康・栄養調査によると、2010年11.9%。過去2年はやや減ったが高水準が続き、直近で最も低かった1998、99年の約1.6倍だ。男性13.7%、女性10.3%と男性の方が高い。若年層に多く、20代は男女とも30%近い。
共働き世帯の増加などが背景との指摘がある。朝食を抜くと脳の働きが低下するとされ、「脳のエネルギー源はご飯やパンに含まれるブドウ糖。朝からしっかり補給をとることが必要」(味の素)という。

>>日本経済新聞 2013年1月8日付 夕刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2195-02f19a09

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。