すうじスクラップ:水処理膜の市場規模/2011年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

水処理膜の市場規模/2011年

2012 - 12/10 [Mon] - 11:38

【6億6000万ドル】

海水をろ過して飲み水などの生活用水にする水処理膜(逆浸透膜)の世界シェア(2011年、日本経済新聞社推定)は首位が米ダウ・ケミカルで32.1%を占めるが、2位以下には日本の3社が続く。日東電工(28.1%)、東レ(27.5%)、東洋紡(7.8%)の3社の合計は63.4%に達した。2位日東電工はオーストラリア、3位東レは中国で淡水化プラントなどに納品し、シェアを伸ばしている。
2011年の市場規模は2010年比9%増の約6億6000万ドル(約540億円)。中国、中東などでは工業用の淡水も不足しており、需要は今後も大きく伸びる見通しだ。

>>日本経済新聞 2012年12月7日付 夕刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2179-7f380610

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。