すうじスクラップ:非正規社員の割合/2011年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

非正規社員の割合/2011年

2012 - 12/03 [Mon] - 11:43

【35.2%】

10月1日、人材4業種(人材派遣、製造業派遣、人材紹介、求人広告)は東京都内のホテルに産・学・官の関係者100人以上を集め、一般社団法人「人材サービス産業協議会」の設立式典を開いた。設立の目的の1つが派遣就労を通じたキャリア形成の支援だ。マンパワーグループ(横浜市)の池田匡弥副社長は「派遣社員の半数は正社員への登用を望んでいる」と指摘。人材派遣が、正社員を目指す非正規社員などのキャリアアップの「踏み石」となることを目標に掲げる。
2011年現在で全雇用者数に占める非正規社員の割合は35.2%と過去最高になった。リクルートワークス研究所によると、2020年に25~34歳男女の正社員数は663万人と、2010年比で199万人減少する。派遣を巡る一連の法改正が、若年層を中心に増える非正規雇用者の待遇改善につながらなないとすれば、法改正の意義が問われることになる。

>>日本経済新聞 2012年12月1日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2173-9c6b688e

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。