すうじスクラップ:国内の家具市場/2011年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

国内の家具市場/2011年

2012 - 11/21 [Wed] - 11:54

【2兆7000億円】

家具販売大手が2014年4月の消費増税を控え、店舗の改装や売り場の新設に取り組む。大塚家具は2013年9月までに旗艦3店を改装。イオンリテールはベッドや寝具を扱う専門売り場を2014年2月までに現在の2.5倍の総合スーパー100店に広げる。消費増税を前に2013年度は住宅着工が5年ぶりに90万戸を超える見通し。各社は集客力を底上げし、膨らむ家具需要の取り込みを狙う。
民間の調査によると、国内の家具市場は1991年の6兆円をピークに減少傾向。2011年2兆7000億円まで落ち込んだ。ただ、前回の消費税率引き上げの前年にあたった1996年は1995年比5.2%増と過去20年間で最も高い伸びを記録した。増税前の特需に的を絞り、家具販売をテコ入れする動きは今後も広がりそうだ。

>>日本経済新聞 2012年11月21日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2162-ba3bbd7f

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。