すうじスクラップ:宅配便市場/2011年度

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

宅配便市場/2011年度

2012 - 11/20 [Tue] - 11:32

【34億個】

長らく低成長が続いた宅配便市場だが、ネット通販の広がりを追い風に再び拡大に転じている。2011年度の国内取扱個数は前年度比5.6%増の約34億個。こうした市場の変化は宅配会社の間に熾烈なサービス競争も生んでいる。
ヤマトは「ビル丸ごと」サービスのほかにネット通販などを対象にした「当日配送」サービスも近く始める予定。新サービスを機敏に打ち出せるのは、全国津々浦々に張り巡らされた配送拠点網ときめ細やかな荷物情報を提供するシステムがあるためだ。
一方、情報システムでも投資規模と基幹システムの更新頻度が抜きんでている。これをベースに「荷物の追跡サービス」「時間指定配送」といった新分野を切り開いてきており、来年以降もビル丸ごと、当日宅配で他社に先駆ける考えだ。
国内の宅配市場シェアは現在、ヤマト運輸が42%、佐川急便が39%。決められたパイを分け合うゼロサム・ゲームから一転、市場が再び拡大局面にさしかかっており、今後はライバル企業がヤマトへの対抗策を打ち出す動きも活発になりそうだ。

>>日本経済新聞 2012年11月20日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2159-7675d158

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。