すうじスクラップ:国内ネット通販市場/2011年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

国内ネット通販市場/2011年

2012 - 11/20 [Tue] - 11:25

【8兆5000億円】

リクルートホールディングスは来年3月にも、インターネット通販事業に参入する。衣料や家電などの小売店が出店する仮想商店街の運営に乗り出す。国内のネット通販市場は楽天、米アマゾン・ドット・コム、ヤフーの3強が主導している。リクルートは傘下のサイトで年間のべ1億人以上の利用者を抱える強みを生かす。ポイントを使った割引などサービス競争に拍車がかかり、消費者の利便性が高まりそうだ。
経済産業省によると、国内のネット通販市場(コンテンツ配信などを含む)は2011年8兆5000億円と5年で2倍弱に増えた。扱う商品が書籍や音楽ソフトから家電や衣料、食料などにまで多様化。スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)の普及で顧客の裾野も広がっている。
一方、百貨店やスーパーなど従来の小売業の売上高は減少が続く。リクルートのネット通販参入で、リアル店舗からネットへと進む商品流通の構造変化が一段と進む。

>>日本経済新聞 2012年11月20日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2158-150b3252

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。