すうじスクラップ:菓子生産量/2011年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

菓子生産量/2011年

2012 - 11/07 [Wed] - 11:28

【191万9475トン】

昭和時代から親しまれているスナック菓子がデパ地下のスイーツに変身している。ぜいたくな素材を使った「ポッキー」(江崎グリコ)など百貨店向け商品が登場。少子化で需要が伸び悩むなか、知名度と高級感を訴えて大人の甘党を取り込む。
東ハト(東京・豊島)はキャラメルコーンなどにメリーチョコレートカムパニー(東京・大田)の高級チョコをからめた菓子を東京などの大丸、松坂屋で期間限定で販売を始めた。1袋(55~75グラム)378円。量販店向けより少量で高いが「来客に出せそう」(女性、40代)と好評だ。
亀田製菓は阪急うめだ本店(大阪市)に出店。カマンベールチーズなどの味をつけた「ハッピーターン」の高級版「ハッピージョイ」を発売。3150円の贈答用なども用意した。グリコも阪急うめだ本店、高島屋大阪店にスイーツ店「バトンドール」を開き、同名の菓子を発売。価格は「ポッキー」の約5倍の481円に設定した。
全日本菓子協会の推計によると、2011年の菓子生産量は前年比0.3%減の191万9475トン。高級化で「30~40代の女性を中心に新たな客層を取り込む」(グリコ)狙いだ。

>>日本経済新聞 2012年11月7日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2154-59fdd79f

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。