すうじスクラップ:フィットネスクラブ売上高/2011年度

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

フィットネスクラブ売上高/2011年度

2012 - 10/31 [Wed] - 13:42

【2938億円】

キビキビ動ける体を維持しようと、フィットネスクラブで個別指導を受ける中高年が目立つ。月会費と別に1回数千円かかるが、体のゆがみ改善などをその場で実感できるので人気が出ている。フィットネス大手は専門トレーナーの増員や新たなプログラムの導入で利便性を高める計画。シニア世代を中心にこうした「パーソナルトレーニング」を重宝する人が今後増えそうだ。
経済産業省によると、2011年度のフィットネスクラブの売上高は2010年度比0.6%減の2938億円。若者のフィットネス離れなどでここ5年ほどは頭打ち状態だ。一方でスムーズな体の動きを維持したい消費者は中高年を中心に増えており、個別指導の需要も高まっている。メガロスは昨年3月に個別指導専門のフィットネスクラブを東京・恵比寿に開業。月会費5万2500円から(月4回のトレーニング代含む)と値が張るが、会員は200人近くと着実に集まっている。
厚生労働省の2010年の年齢別調査によると、腰痛を訴える人の割合は男性は50代から、女性は40代から1割を超える。団塊世代の大量退職もあり、思い通りに体を動かすためのトレーニング需要は今後も根強そうだ。

>>日本経済新聞 2012年10月31日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2151-d2558631

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。