すうじスクラップ:デジタルフォトフレームの国内市場/2011年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

デジタルフォトフレームの国内市場/2011年

2012 - 10/04 [Thu] - 19:58

【260億円】

スライドショー式の写真や動画が音声や音楽とともに楽しめるデジタルフォトフレームの新製品が続々と登場している。旅行、結婚式といったイベントや子供の成長を記録するために買う人が多い「動く写真立て」。メーカー各社は行楽や運動会のシーズンである秋が新たな顧客を引きつける好機とみて、アピールに力を入れている。
デジタルフォトフレームはこれまで贈り物として買う人が多かったが、最近は高級な一眼レフカメラなどと合わせて自分のために購入する人が増えているという。思い出の写真をいつ、どこでも音付きで楽しむことができるこの機器は、高齢化が進む今後も根強い人気を保つ可能性が高い。メーカー側はさらに機能や使い勝手の向上に力を注ぐ構えだ。
富士キメラ総研の調べによると、デジタルフォトフレームの国内市場は2011年260億円。東日本大震災後に落ち込んだ需要は徐々に戻ってきているが、中国のファーウェイがシェアを伸ばしており、国内勢は厳しい競争にさらされている。

>>日本経済新聞 2012年10月4日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2133-fc888b3e

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。