すうじスクラップ:自然解凍冷凍食品の市場規模/2011年度

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

自然解凍冷凍食品の市場規模/2011年度

2012 - 06/07 [Thu] - 12:58

【316億円】

味の素や日本水産が電子レンジ調理がいらない自然解凍の冷凍食品を増産する。電力の供給不安に伴う節電が求められるなか、2012年度の生産を2011年度比で1~2割増やす。コロッケや空揚げといった自然解凍品は温める手間がいらず、弁当箱に入れれば保冷剤代わりにもなるため、主婦や共働き世帯を中心に支持が広がっている。各社は引き続き堅調な需要を見込み、専門売り場の設置などで販売も強化する。
味の素によると、自然解凍品の2011年度の市場規模(小売りベース)は2010年度比38%増の316億円。消費者への一段の浸透を図るため、各社はスーパーと協力し、自然解凍品の売り場もつくる。味の素はマルエツなどと組み、自然解凍品コーナーを設置。日本水産も約300店に自然解凍の総菜コーナーを設ける。日本たばこ産業(JT)傘下のテーブルマーク(旧加ト吉)は自然解凍のパンを焼く1500店で販売する。

>>日本経済新聞 2012年6月6日付 夕刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2064-2b4646f5

まとめtyaiました【自然解凍冷凍食品の市場規模/2011年度】

【316億円】味の素や日本水産が電子レンジ調理がいらない自然解凍の冷凍食品を増産する。電力の供給不安に伴う節電が求められるなか、2012年度の生産を2011年度比で1~2割増やす。コロッケや空揚げといった自然解凍品は温める手間がいらず、弁当箱に入れれば保冷剤代わり?...

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。