すうじスクラップ:ネタ消費市場

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

ネタ消費市場

2012 - 05/30 [Wed] - 11:23

【3400億円】

「ツイッター」や「フェイスブック」といったソーシャルメディアで自分の書き込みをアピールするための消費が広がっている。1回で終わる体験型の習い事に人が集まり、ネットで話題になるのを狙って面白い商品を買ったり、珍しい場所に出かけたりする人も増えている。大手シンクタンクの試算ではそんな消費者が生む経済効果が3400億円になるという。
若者の消費行動に詳しい電通総研の吉田将英研究員は1回講座が人気の理由を「自分の個性を表現しやすい道具として見ているのではないか」と指摘する。
野村総合研究所はソーシャルメディアが生む新たな消費の一つを「ネタ消費」と呼び、関連消費は3400億円に達すると試算した。消費者が交流サイトなどに書き込んだサービスや商品の支出を積み上げた。特に「飲食やレジャー、アパレル関連が活発」(杉山誠主任コンサルタント)で旅行先や外食先を選ぶ基準になったり、話題の商品が連鎖的に売れる理由になったりしている。

>>日本経済新聞 2012年5月30日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2056-ca6bf6b1

まとめtyaiました【ネタ消費市場】

【3400億円】「ツイッター」や「フェイスブック」といったソーシャルメディアで自分の書き込みをアピールするための消費が広がっている。1回で終わる体験型の習い事に人が集まり、ネットで話題になるのを狙って面白い商品を買ったり、珍しい場所に出かけたりする人も増え?...

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。