すうじスクラップ:学資保険の新規契約件数/2011年度

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

学資保険の新規契約件数/2011年度

2012 - 05/28 [Mon] - 14:57

【22万件】

かんぽ生命保険は主力商品の一つである「学資保険」で、保障内容を簡素にした新商品を来年にも投入する。契約者が支払う保険料を引き下げ、払い込んだ保険料が受取保険料を上回る「元本割れ」を解消する。民間生命保険との利回り格差を縮め、顧客離れに歯止めをかける狙い。
かんぽ生命の新商品は今春の改正郵政民営化法成立後初めて。すでに金融庁と商品の認可に向けた調整に入った。今秋までに正式申請する。政府は郵政の監視役である「郵政民営化委員会」の意見を聞いたうえで認可の是非を決める。
かんぽ生命の2011年度の学資保険の新契約件数は約22万件。民間生保も含め最大のシェアを維持しているが、ピーク時の1993年度(約160万件)に比べて9割近く減っている。元本割れを嫌う利用者が多いためだ。
ただ民間生保や米国政府はかんぽ生命の業務拡大を強く警戒している。学資保険は利幅が薄いため民間の抵抗は比較的少ないとの声もあるが、新商品が認められるかどうかは不透明な部分もある。

>>日本経済新聞 2012年5月28日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2053-d464ea95

まとめtyaiました【学資保険の新規契約件数/2011年度】

【22万件】かんぽ生命保険は主力商品の一つである「学資保険」で、保障内容を簡素にした新商品を来年にも投入する。契約者が支払う保険料を引き下げ、払い込んだ保険料が受取保険料を上回る「元本割れ」を解消する。民間生命保険との利回り格差を縮め、顧客離れに歯止めを...

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。