すうじスクラップ:ブルーレイ・ディスク対応機器の所有率/2012年1月

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

ブルーレイ・ディスク対応機器の所有率/2012年1月

2012 - 05/02 [Wed] - 17:48

【50.7%】

ブルーレイ・ディスク(BD)に対応した録画再生機やパソコンなどを持つ人が2012年1月時点50.7%に達した。日本映像ソフト協会(東京・中央、JVA)が調べた。この1年で12.3ポイント増えた。過半数を突破したことでBDソフトの普及に弾みが付くと関係者は期待している。
販売用の映像ソフト出荷額でBDが占める割合は2011年で23.2%にとどまる。今の主流のDVDがVHSビデオテープを上回ったのは2001年。登場から6年で「主役交代」を果たした。
実はBDソフトも登場から6年。DVDのようなテープからディスクへという目で見て分かりやすい変化でないことは普及スピードの差になっているようだ。
ただ2011年のBDソフト販売額は2010年と比べると28.3%増。再生機の普及で新作だけでなく、旧作のBD化に火が付けば一気に市場は変わる」(JVA)と見ている。

>>日本経済新聞 2012年5月2日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2030-cf8e31eb

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。