すうじスクラップ:放射線科専門医の人数/2010年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

放射線科専門医の人数/2010年

2012 - 04/27 [Fri] - 16:41

【5597人】

救急患者の状態を素早く診断したり、画像から適切な手術法や切除部位を判断して外科医にアドバイスしたりするなど、放射線科の画像診断医の役割は広がっている。聖マリアンナ医科大(川崎市)は「画像に強い医師」を増やそうと、研修医に様々な診療科を経験させる中で、各分野の専門医から画像を診るノウハウを学ばせている。
経済協力開発機構(OECD)の「OECDヘルスデータ2011」によると、日本のCT普及率は人口100万人あたり97.3台とOECD加盟国平均の約4倍。一方、厚生労働省の調査では、2010年時点の日本の放射線科専門医は画像診断医と放射線治療医を合わせて5597人で、全医師に占める割合は2%にとどまる。米国は4万人の放射線科専門医がいるとされ、割合も6%と日本よりも高い。
日本医学放射線学会の理事を務める杉村和朗・神戸大医学部付属病院長は「医療のベースを支えるのは診断。正確な診断がなければ、治療のレベルも下がる」と指摘する。専門医を雇用すると診療報酬が加算されるようになるなど、国も専門医を増やす取り組みを始めたが、不足の解消にはまだ時間がかかりそうだ。

>>日本経済新聞 2012年4月26日付 夕刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2027-43b6e039

まとめteみた.【放射線科専門医の人数/2010年】

【5597人】救急患者の状態を素早く診断したり、画像から適切な手術法や切除部位を判断して外科医にアドバイスしたりするなど、放射線科の画像診断医の役割は広がっている。聖マリアンナ医科大(川崎市)は「画像に強い医師」を増やそうと、研修医に様々な診療科を経験させ...

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。