すうじスクラップ:幼稚園児の学校外の教育にかける年間費用/2010年度

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

幼稚園児の学校外の教育にかける年間費用/2010年度

2012 - 04/23 [Mon] - 14:48

【公立:8万4000円】
【私立:15万1000円】


「0歳児」から利用できる幼児教育サービスが広がっている。学習教室の公文教育研究会は0~2歳児が対象の新しいプログラムを6月に開講。保育サービスのポピンズ(東京・渋谷)は音楽や美術を使った情操教育教室を増やす。少子化で教育関連市場が縮むなか、各社はユニークなサービスを打ち出し、早い段階から子供の個性を伸ばしたいと考える親を引き付けようとしている。
少子化で教育関連の市場が縮小するなか、各社はより低年齢向けのサービスを打ち出している。幼児向けが中心だった英語や水泳の教室でも「0歳児」を取り込む動きが広がっている。
文部科学省の2010年度の調査によると、塾や習い事など幼稚園児の学校外の教育にかける年間費用は公立で約8万4000円、私立は約15万1000円。2年間で1000~7000円増えた。一方、出生数は今後も低迷し、国立社会保障・人口問題研究所によると、2010年に約1684万人だった年少人口(0~14歳)は2030年に約1204万人まで減る見通しだ。

>>日本経済新聞 2012年4月21日付 夕刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2021-c9c366bd

まとめteみた.【幼稚園児の学校外の教育にかける年間費用/2010年度】

【公立:8万4000円】【私立:15万1000円】「0歳児」から利用できる幼児教育サービスが広がっている。学情操教育教室を増やす。少子化で教育関連市場が縮むなか、各社はユニークなサービスを打ち出し、早い段階から子供ようとしている。少子化で教育関連の市場が縮小するな...

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。