すうじスクラップ:ソーシャルゲームの国内ユーザー課金市場/2011年度

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

ソーシャルゲームの国内ユーザー課金市場/2011年度

2012 - 03/28 [Wed] - 21:19

【2570億円】

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)やフジテレビジョンなどが空き時間などにユーザー同士で遊べるソーシャルゲーム事業に相次ぎ参入する。スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)の普及を受け、ソーシャルゲームの市場規模は2012年度で3400億円超になると予想される。グリーなど専業3社が先行するが、各社は自社コンテンツn有効活用や会員基盤の活用など本業との連携によって利用者確保を目指す。
ソーシャルゲームでは専業のグリー、ディー・エヌ・エー(DeNA)、ミクシィの大手3社の登録者数は8500万人(2011年9月末)。矢野経済研究所によるとソーシャルゲームの国内ユーザー課金市場は2011年度に前年比84%増の2570億円程度になったもよう。従来型携帯電話の割合が8~9割だが、スマホ向けタイトルが増えれば一層の市場拡大は確実で各社が商機とみている。

>>日本経済新聞 2012年3月28日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/2002-33f6ee70

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。