すうじスクラップ:ノンアルコールビールの市場/2011年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

ノンアルコールビールの市場/2011年

2012 - 03/16 [Fri] - 12:07

【1200万ケース】

ビール風味などアルコール分0%の「ノンアルコール飲料」が身近になってきた。サッポロビールは15日、黒ビール風味のノンアルコール商品を5月下旬に売り出すと発表。酒類メーカーはビールタイプ以外の商品も開発しており、小売店で買うだけでなく飲食店でも飲める機会も増えている。酒を飲めないときの代替品にとどまらず、新しい飲み物としての楽しみ方が広がっているようだ。
ノンアルコールビールの市場は2011年約1200万ケース(業界推計)と2009年比で2倍以上に拡大。今年も10~20%伸びる見通しだ。昨年、業界トップのシェアを獲得したのはサントリー酒類の「オールフリー」。2位は「フリー」をもつキリンビール、3位は「プレミアムアルコールフリー」のサッポロビールだった。3社とも昨年12月から今年2月にかけて、原料は製法を変えて味を向上させており、飲用者のすそ野の拡大につながるっているとみられる。
ビール風味飲料にとどまらない。酒類各社は「ジントニック」などのカクテル、酎ハイ、ワイン、日本酒、梅酒、甘酒など様々な酒の「ノンアルコール版」を相次ぎ売り出している。販路もスーパーなどの家庭用だけでなく、飲食店でも提供してもらえるように営業を強化。消費者の健康志向も手伝い、ノンアルコール商品を手軽に試飲できる場が目立ち始めている。

>>日本経済新聞 2012年3月16日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/1992-5e93d2b9

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。