すうじスクラップ:シェアハウスの数/2011年末

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

シェアハウスの数/2011年末

2012 - 03/05 [Mon] - 19:19

【1004軒】

シェアハウスの情報提供サイトの運営会社、ひつじインキュベーション・スクエア(東京・渋谷)によると、全国にあるシェアハウスは2011年末時点1004軒と5年間で約10倍に増えた。
住友商事が2008年に若手社員向け社員寮を8年ぶりに新設するなど、共同生活を通じた人材育成を目指す動きは企業にもある。ただ都内でシェアハウス運営・管理を手掛けるComeonUPの永瀬泰子社長は「社外の人との交流を通じて成長したいと考える社会人が20代を中心に目立ってきている」と話す。
電通ソーシャル局の宮城美幸氏はシェアハウスで暮らす若者が増えている理由を「先行きが不透明な経済情勢が背景にある」と分析。対策として 1.日ごろから切磋琢磨できる環境に身を置き、今の仕事で足場を固める 2.現在の勤務先が不安定になるリスクも想定し、人脈を社外にも広げる 3.同じ価値観を持つ仲間同士で、社会の変化に対応した事業を生み出す機会も探る-などの行動に出ていると指摘する。
「SNSの普及で同居人集めが比較的簡単になったこともシェアハウスの増加を後押ししている」(宮城氏)

>>日本経済新聞 2012年3月5日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/1987-1f57a0c7

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。