すうじスクラップ:海外で日本語を学ぶ人の数/2009年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

海外で日本語を学ぶ人の数/2009年

2012 - 03/02 [Fri] - 11:09

【365万人】

教育サービス各社がアジアで日本語教育に乗り出す。学習塾大手の市進ホールディングス(HD)は4月、香港に日本語教室を開き、インドネシア、台湾など計7カ国・地域に広げる。社会人向け講座などを手がけるヒューマンHDは東南アジアで企業向け出張教室を始める。日系企業の進出などで日本語を学ぶ人は増えているが、アジアの日本語学校は地元資本や個人経営が多い。各社はきめ細かい指導や教材を武器に新市場を開拓する。
国際交流基金の調査によると、海外で日本語を学ぶ人は2009年約365万人。2006年に比べて22%増えた。そのうちアジアが8割を占める。
一方で海外の日本語教育機関数は2009年で約1万5000と2006年比で9%増加。ただ現地の企業や大学、個人が運寧する教室が多いため、生徒獲得の余地も大きいとみられる。

>>日本経済新聞 2012年3月2日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/1983-cc7fab16

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。