すうじスクラップ:株主優待制度がある企業の割合/2011年9月末

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

株主優待制度がある企業の割合/2011年9月末

2012 - 02/15 [Wed] - 16:29

【28%】

株主優待制度とは会社が株主に商品や金券などを贈り、文字通り優待すること。野村IRの調べでは2011年9月末時点で、株式を上場する企業のうち28%(1020社)に優待制度があり、その割合は高まる傾向にある。
会社が株主優待制度を設けるのは長く株式を保有する個人株主を増やし、経営の安定につなげるためだ。
事業内容を知ってもらおうと、飲料会社なら飲み物の詰め合わせ、外食会社なら店舗で使える食事券など、自社の商品やサービスを提供する例が多い。定期預金の金利を引き上げる銀行や、乗車券を配る鉄道会社、契約する歯科医院の割引券を出す会社もある。

>>日本経済新聞 2012年2月14日付 夕刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/1954-fdbbc392

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。