すうじスクラップ:建機出荷額/2011年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

建機出荷額/2011年

2012 - 02/02 [Thu] - 12:01

【2兆2327億円】

日本建設機械工業会(野路国夫会長)は31日、2011年の建機出荷額(補給部品含む総額)が2兆2327億円と前年比20.8%増えたと発表した。増加は2年連続で、輸出(外需)は過去3番目の高水準(1兆6356億円、21.9%増)に達した。金融引き締めで最大市場の中国向けが急減速したが、東南アジアや欧米、南米の中型機や鉱山向けの超大型機が下支えした。
出荷額は日本メーカーが国内工場から出荷した総額。機種別では油圧ショベルが22.1%増、6トン未満のミニ油圧ショベルも27.2%増。2機種合計で1兆686億円と出荷額全体の48%弱を占めた。
東南アジアやオセアニア、南米では石炭や鉄鉱石など資源開発が活発化している。超大型ダンプトラックなど「その他建設機械」は3057億円(16.2%増)とピークの2008年実績に迫った。
建機業界は中国市場がいつ立ち直るかを注視する。大手各社は中国で減産しているが「金融緩和が実需に結びつくには時間がかかる」(日立建機の木川理二郎社長)。

>>日本経済新聞 2012年2月1日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/1946-14399e4f

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。