すうじスクラップ:メガネ市場/2010年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

メガネ市場/2010年

2012 - 01/27 [Fri] - 13:24

【4000億円】

メガネ専門店「JINS(ジンズ)」を運営するジェイアイエヌは2月から卸売事業に参入する。自社開発の花粉症対策商品など、度なしレンズがついたメガネ3種類をドラッグストアや医療機関に販売する。メガネ市場は少子化や価格低下で縮小の一途。専門店各社はメガネを普段かけない人向けに機能性商品の取り扱いを増やしているが、ジェイアイエヌは直営店以外にも販路を広げて、顧客拡大に弾みを付ける。
業界推計では国内のメガネ市場は2010年約4000億円。低価格化の進行などで、10年間で2000億円減ったとされる。業界3位のメガネスーパーが業績悪化で、投資会社のアドバンテッジパートナーズの支援を受けるなど大手も苦戦。JINSやメガネトップの「眼鏡市場」といった低価格店は店舗数を増やしているが、総務省の家計調査によると、メガネへの1世帯当たり年間支出額は2010年に5952円と、5年で2割減少した。
このため、大手各社はゴルフ用やサイクリング用といったスポーツ用サングラスや花粉症対策用メガネなど、普段はメガネをかけない消費者の需要も見込める商品を増やしている。ただ視力が悪くない人がメガネ店に来ることは少ない。ジェイアイエヌは卸売りを通じて販路を広げ、消費者への商品の浸透をはかる考えだ。

>>日本経済新聞 2012年1月27日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/1939-05cadc12

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。