すうじスクラップ:民間紹介の就職件数/2010年度

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

民間紹介の就職件数/2010年度

2012 - 01/25 [Wed] - 15:37

【43万人】

転職者を中心とした民間の人材あっせんが活発になってきた。厚生労働省の集計によると、2010年度の民間の職業紹介を通じた就職件数は11.1%増の43万人と3年ぶりに増加し、過去最高となった。民間調査ではその後も求人は底堅い。失業率の高止まりなど雇用情勢全般は依然として低迷しているが、即戦力を探す企業の需要が根強いことを示している。
厚労省が職掌紹介事業者からの報告を集計した。職業紹介は有料紹介と地方自治体などが民間事業者に委託する無料紹介がある。有料紹介にはホワイトカラーの専門・技術職、事務職、管理職の3職種のほか、家政婦、販売職、サービス職など「その他職業」がある。
民間事業者が紹介した就職件数は2001年度以降、10年間で4割以上増加した。リーマン・ショック後の2008年度から2年連続で減ったが、2010年度はさかのぼれる1995年以降で最高水準となった。就職件数の43万人のうちホワイトカラーは2割増えて20万人を超えている。うち専門・技術職は13万人で11%増。事務職は46%増の6万人だった。

>>日本経済新聞 2012年1月25日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/1935-f48b1152

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。