すうじスクラップ:ノートの市場規模/2010年度

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

ノートの市場規模/2010年度

2012 - 01/24 [Tue] - 12:05

【229億円】

ノートを買い求めるビジネスパーソンが増えている。会社から支給される事務用品が減ったこともあるが、書き心地の良い新製品が続々と登場していることが、購買意欲を刺激しているようだ。スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)の普及などでノートの電子化が進んでも、氾濫する情報を整理したりアイデアを温めたりする道具として重宝する人は多い。学生が主体だったノート市場を社会人が活気づけている。
ノート大手のマルマン(東京・中野)では「紙に書く感覚が脳を刺激し、発想が広がるという人もいる。IT(情報技術)が発達すればするほど、その反動で五感を刺激するものが求められるようになるのでは」と分析。同社のサラリーマン向けノート「ニーモシネ」(通常ノートで420~472円)は200万冊を突破。書き心地を追及した独自の紙質が受けてリピーターも多い。
矢野経済研究所(東京・中野)の調べによると、2010年度の紙のノートの国内出荷額は229億円。2009年度比で2%増え、3年前に比べ14%増加した。2011年度も新商品の発売が多く、前年度比2%増える見込みだ。

>>日本経済新聞 2012年1月24日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/1934-891baca5

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。