すうじスクラップ:日本のコンテンツ市場/2010年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

日本のコンテンツ市場/2010年

2012 - 01/22 [Sun] - 22:36

【352億ドル】

コンテンツ大国と言われる日本。東京・秋葉原には日本のアニメ・漫画ファンの外国人が世界各国から多数訪れる。だが最近は韓国発のドラマ、中国発のアニメなど、アジアのコンテンツも存在感を強めている。
経済産業省が昨年5月に発表した「クール・ジャパン戦略推進事業」の調査報告書によると、日本の2010年のコンテンツ市場規模は352億ドル(約2兆6993億円)と米国に次ぐ規模だ。アジア各国(日本を除く)の市場は現時点で合計しても日本に及ばないが、成長率は7%で、2020年には日本を約5割上回る規模になると試算している。
玩具メーカーやアニメ制作会社など日本のコンテンツ各社もアジアでの成長を狙うが、著作権管理などが壁となり、順調に進んでいない企業が多いのが現状。日本貿易振興機構(ジェトロ)はアニメや映画などの海外見本市にジャパンブースを出展し、日本のコンテンツ企業と現地の有力企業との商談支援も進めている。

>>日本経済新聞 2012年1月22日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/1930-6657ffc5

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。