すうじスクラップ:シニア世代の消費支出額/2011年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

シニア世代の消費支出額/2011年

2012 - 01/22 [Sun] - 22:28

【101兆2000億円】

シニア世代(60歳以上)の年間消費支出が2011年に初めて100兆円を突破した。個人消費全体の44%に達しており、旅行やスポーツなどの分野で新たな市場を生んでいる。戦後生まれの「団塊の世代」が65歳を迎える大量退職が今年から本格化することもあって、シニア消費の取り込みを狙う商戦が一段と活発になりそうだ。
第一生命経済研究所の熊野英生主席エコノミストの推計では、2011年の60歳以上の消費支出額は約101兆2000億円となり、前年比で2.4%増えた。人口高齢化もあって個人消費に占める割合は年々高まっており、2011年は消費全体の44%にのぼった。
総務省の家計調査によると、高齢者世帯(世帯主が65歳以上)の1ヵ月の消費支出は直近ピークの2007年から5%ほど減った。世帯あたりでは減少だが、シニア人口の増加で全体の支出額が膨らんでいる。厳しい雇用環境を背景に現役世代(世帯主が40歳代)の支出が7%減となったのに比べて堅調ともいえる。熊野氏は「将来不安を抱える現役世代とは違って、シニア世代の消費意欲は衰えていない」と話す。

>>日本経済新聞 2012年1月21日付 夕刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/1929-13acf15d

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。