すうじスクラップ:中国の映画市場/2011年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

中国の映画市場/2011年

2012 - 01/22 [Sun] - 22:03

【131億1500万元】

中国の映画市場の拡大が続いている。中国国家ラジオ映画テレビ総局によると、2011年の全国の映画館の興行収入は前年比28.9%増の131億1500万元(約1600億円)に達した。ヒット作に恵まれたうえ、映画館の急増が追い風となった。スクリーン数は2010年末比5割増加、競争が激しくなり苦戦を強いられている映画館が増えているとの指摘も出ている。
身近な娯楽として中国の映画市場は拡大、過去5年で興行収入は5倍となった。22日からの春節(旧正月)休暇の間もコメディーなど春節映画目当てに映画館に足を運ぶ人は多い。一方、日本の映画興行収入は2011年は東日本大震災による影響などで前年比約18%減の1800億円前後になる見通し。数年後には映画市場の規模も、日中が逆転する可能性がある。
興行収入増はスクリーン数の急増によるところも大きい。2011年は803の映画館、3030のスクリーンが新たに誕生。同年末時点の映画館数は約2800ヵ所にのぼり、スクリーン数は9200を超えた。

>>日本経済新聞 2012年1月21日付 夕刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/1927-8217be0d

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。