すうじスクラップ:エチレンの生産量/2011年

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

エチレンの生産量/2011年

2012 - 01/20 [Fri] - 11:14

【669万トン】

石油化学工業協会は19日、石化製品の基礎原料となるエチレンの2011年の国内生産量が前年比4.7%減の669万トンだったと発表した。リーマン・ショックの影響を受けた2008年の688万トンを下回り、1994年以来17年ぶりの低水準。世界的な需要減と円高による輸入品増加が主な原因。今後、設備過剰をどう解消するかが課題となりそうだ。
低迷の要因を分析すると、東日本大震災と電子機器、自動車向けの需要が大きく影響している。震災では東日本最大のエチレン生産拠点である三菱化学の鹿島事業所(茨城県神栖市)が約2ヵ月間、操業を停止するなど、業界全体で30万トン弱の減産要因となった。
減速感が強まったのは昨年9月以降。中国の需要家が金融引き締めと欧州向けの販売減少で合成繊維向け原料などの買い控えに動いた。さらに中国内需も液晶ディスプレーに使われる汎用樹脂が降るわなくなった。
円高が定着し輸入品が国内に流れ込む傾向が強まった場合、エチレン設備の一部廃棄や業界再編が進む可能性が高い。

>>日本経済新聞 2012年1月20日付 朝刊

人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taa203.blog86.fc2.com/tb.php/1918-94d6c740

チャット

 | HOME | 

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。