すうじスクラップ:2014年03月

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日焼け止めの販売額/2013年

2014 - 03/27 [Thu] - 14:38

【306億円】

肌を皮膜で覆う日焼け止めは圧迫感を感じやすく、長時間戸外で過ごすとき以外は極力使いたくないという人も多い。最近は美肌成分を配合し、スキンケアの側面にも重きを置いた製品が増えてきた。体に有害な紫外線(UV)は防ぎつつ肌への負担にも配慮した設計で、日常使いがしやすくなっている。
調査会社のインテージ(東京・千代田)の推計では、日焼け止めの2013年のスーパーやドラッグストアなどでの販売額は306億円。前年比9.3%増で2006年からの7年間で7割伸びた。紫外線への肌への悪影響が広く認知され、男性や子供の使用も増えた。梅雨明けが早まり、夏が長くなっていることも背景だ。
形状別ではミルク(乳液)が45%を占め最も多いが、減少傾向にある。代わって急伸しているのがジェルだ。付けやすさが支持されて2006年から8.8倍に増え、構成比も38%になった。髪やメークの上などから手軽に吹き付けられるスプレータイプも人気を集める。

>>日本経済新聞 2014年3月27日付 朝刊

スポンサーサイト

農林水産物の輸出額/2013年

2014 - 03/27 [Thu] - 14:32

【5505億円】

2013年の農林水産物の輸出額は5505億円と過去最高を更新した。世界的な日本食ブームも背景に政府は2020年に1兆円という目標を掲げる。日本の高い技術や独自のノウハウは海外市場を開く活路になる可能性を秘めるが「良い物」をつくるだけでは十分ではない。効果的なマーケティング戦略が課題となる。

>>日本経済新聞 2014年3月27日付 朝刊

スマホ決済の世界市場/2013年

2014 - 03/27 [Thu] - 14:27

【2354億ドル】

スマートフォン(スマホ)やタブレット(多機能携帯端末)を使って店頭で決済するシステムが広がりをみせている。オリックスの機器レンタル子会社は決済端末としてのタブレットや周辺機器をまとめて中小店舗などにレンタルする。消費者はクレジットカードで買い物ができる店舗が増え、利便性が高まりそうだ。
小型のカード読み取り装置を店舗側のスマホやタブレットに装着。同装置に顧客のカードを滑らせて情報を読み取る。カード情報は携帯電話回線などを通じてクレジットカード会社に送られ決済が完了する。店側が負担する手数料は決済金額の3%程度と、一般的なカード決済よりも割安だ。
スマホ決済市場は拡大基調にある。米調査会社によると世界市場は2013年が前年比44%増の2354億ドル。2017年に7210億ドルまで増える。

>>日本経済新聞 2014年3月27日付 朝刊

 | HOME |  »

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。