すうじスクラップ:2013年07月

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生鮮野菜の年間購入額

2013 - 07/31 [Wed] - 15:59

【6万4299円】

食品メーカーが野菜加工品を増産する。キユーピーはカット野菜を作る全国4工場にそれぞれ新ラインを増設し、生産能力を1割高める。日本製粉は2014年度、野菜を主に使う冷凍総菜の売上高を倍増させる。少子高齢化に伴い、日常の食事で野菜をよく食べるシニア層が増えていることに対応。相場に左右されにくい加工品の品ぞろえを拡充し、広く需要を取り込む。
カット野菜は原料の大半が契約農家から仕入れる国産の野菜のため、天候などで大きく左右される相場の影響を受けにくく、一定の価格で販売されるのが特徴。食べきりサイズなど種類が増えていることで「最近は高齢者夫婦の購入が増えている」(セブン&アイ・ホールディングス)。
総務省の家計調査によると、生鮮野菜の年間購入額は2人以上の世帯の全国平均は6万4299円。年齢が高くなるほど多く、60歳代は29歳以下の2倍になる。一方、生鮮野菜の価格は2012年末以降、高値で推移。総務省の小売物価統計調査によると、6月のキャベツ、大根、白菜の小売価格の平均(東京都区部)は2012年11月から27%上昇している。
若年層向けに揚げ物や肉類を主力に成長してきた食品メーカー各社は少子高齢化に伴う食卓の変化に対応。安定した価格で野菜を提供できる加工品の品ぞろえを増やす。

>>日本経済新聞 2013年7月31日付 朝刊

スポンサーサイト

高齢者の単身世帯数/2010年

2013 - 07/30 [Tue] - 10:41

【479万768世帯】

高齢者の孤独死のニュースが後を絶たない。2010年の国勢調査によれば、65歳以上の高齢者の単身世帯数は479万768世帯だった。10年前の同調査と比べると58%増となった。
各都道府県別に、全世帯に占める高齢者の単独世帯割合を算出したところ、最も高いのは鹿児島県の14.1%(小数点2位を四捨五入)、次いで高知県の13.9%、和歌山県の12.8%となった。10位までは西日本がならび、「西高東低」の様相だ。東日本で10%を超えたのは北海道と秋田県のみで、東京都は9.8%だった。

>>日本経済新聞 2013年7月29日付 夕刊

カラオケボックスの売上高/2012年度

2013 - 07/23 [Tue] - 18:54

【3912億円】

カラオケの楽しみ方がインターネットの活用で多彩になっている。カラオケ好きがネットを通じて同じ好みの人を短期間で集めたり、気に入った人と動画上で一緒に歌ったりしている。見知らぬ人と共演して歌を披露するのが、カラオケのスタイルの一つになりそうだ。
カラオケ好きにはSNSでの仲間集めが当たり前になりつつある。有力SNS「ミクシィ」には参加者が10万人を超えるカラオケ好きのコミュニティもあり、投稿ページには「20代限定」「アニメソングの会」などの企画が並ぶ。ミクシィでカラオケ会をよく企画する渋谷区在住の女性は「自分の知らない曲を知っている人がいて驚きもある」と言う。
全国カラオケ事業者協会(東京・品川)によると、日本のカラオケボックスの売上高は2011年度から増加基調。2012年度3912億円と、2011年度比で1.6%伸びた。「見知らぬ人とも動画で共演できる楽しみ方が市場の押し上げ要因の一つ」という。
電通若者研究部の西井美保子研究員は「SNSでの交流に慣れている人たちは、共通の趣味があればネットでも十分につながりを感じられるようだ」と指摘する。

>>日本経済新聞 2013年7月23日付 朝刊

 | HOME |  »

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。