すうじスクラップ:2013年01月

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資に使う金の需要量/2011年

2013 - 01/31 [Thu] - 10:39

【1704トン】

金の国際調査機関、ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)によると、資産運用や貯蓄など投資に使う金の需要量は2011年1704トンと10年で5倍に拡大した。
指輪やネックレスなど宝飾用途の需要(1972トン)に迫る勢い。「社会不安や経済の先行き不透明感が高まると、資産の目減りを防ぐため価値の安定した金を保有する動きが強まる」(WGCの津金真理子リサーチ・アナリスト)という。
金の延べ棒やコインのほか、2000年代前半に金の上場投資信託(ETF)が開発され、手軽に売買できるようになったことも金投資拡大につながっている。

>>日本経済新聞 2013年1月30日付 夕刊

スポンサーサイト

世界の海外旅行者数/2012年

2013 - 01/31 [Thu] - 10:31

【10億3500万人】

国連の専門機関、世界観光機関が29日発表した2012年の世界の海外旅行者数は前年比3.8%増の10億3500万人となり、初めて10億人を超えた。アジアをはじめ新興国で中間層が増えて、レジャー需要が拡大したことなどが背景にある。海外旅行をする人は2013年も3~4%伸びると予測。訪日外国人を増やしたい日本にとっても追い風となる。
外国からの観光客数の伸び率が最も高かったのは、アジア太平洋地域の同6.8%増。特に、東南アジアが同8.7%増と好調だった。成長を続ける中国や東南アジア諸国連合(ASEAN)の各国から、比較的近い近隣国・地域の観光地に出向く人が増えているとみられる。
欧州各国への旅行者も同3.3%増と堅調だ。欧州への旅行者は5億3400万人で、世界の海外旅行者の約半数を占めた。欧州内の移動は債務危機による不況が影響して伸び悩んでいるものの、ユーロ安で日米などユーロ圏外からの旅行者が着実に増えた。特に中東欧への旅行者は同8.0%増えており、人気が高い西欧や南欧と比べても観光資源としての存在感が高まりつつある。
地域別で来訪者数が唯一落ち込んだのは中東で同4.9%減少した。政情不安が響き、2年連続で減った。アフリカは同6.3%増と2年ぶりにプラスに転じた。

>>日本経済新聞 2013年1月30日付 夕刊

女性が義理チョコを渡す相手1人あたりの予算

2013 - 01/30 [Wed] - 13:54

【820.9円】

今年のバレンタインデーは「義理チョコ」が復活--。2月14日まで2週間余り。にぎわい始めた小売店のチョコレート売り場では、好きな人や恋人への「本命チョコ」や、ご褒美として購入する「自分チョコ」に押されて減っていた「義理チョコ」を購入する女性が増えている。義理といっても職場の男性に社交辞令で配る従来とは異なり、日ごろのお礼を込め、相手に合わせて贈るのが主流のようだ。
義理といっても付き合いで職場の男性に渋々と渡すような「従来の儀礼的な習慣は消えつつある」(マーケティングライターの牛窪恵さん)。「歳暮や誕生日プレゼントを渡すほどではないけれど・・・という相手にお礼を伝えるチャンス」。33歳の女性会社員が話すように、相手を選び、気持ちを込めて贈る新しい「義理チョコ」が増えているようだ。
こうした傾向を背景に義理チョコの予算も上昇している。江崎グリコの調査では、独身の会社員女性が義理チョコを渡す相手1人あたりの予算は820.9円。「彼氏」向けの予算が昨年の実績よりも200円近く安いのに対し、40円以上高いという。

>>日本経済新聞 2013年1月30日付 朝刊

 | HOME |  »

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。