すうじスクラップ:2012年03月

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エデュテイメント施設の市場規模/2010年度

2012 - 03/30 [Fri] - 14:34

【208億円】

レジャー施設などが教育と娯楽を組み合わせた「エデュテイメント」分野に力を入れている。子供が職業を体験できるテーマパーク「キッザニア甲子園」(兵庫県西宮市)は英語を使うプログラムを拡充。海外の体験型学習施設のツアーを売り出す語学教室も登場した。小学校の英語必修化や中学校の職場体験の充実などで、遊びながら学べる施設への関心が高まっており、家族連れや学校の利用拡大を目指す。
語学教室もエデュテイメント施設の活用に着目。全国約200カ所で英語教室「レプトン」を展開するエヴァン(京都市)は韓国で人気の英語体験施設「ソウル・イングリッシュ・ビレッジ・スユ・キャンプ」を訪れるツアーを小中学校向けに売り出す。8月にも第1回のツアーを企画、30人程度の利用を見込む。
矢野経済研究所の調べによると、2010年度のエデュテイメント施設の市場規模は前年度比約1割増の208億円。2011年度から小中学校で順次導入された新学習指導要領では、小学校高学年の英語必修化や中学生の職場体験活動の充実などが盛り込まれた。子供の教育に関連する出費は底堅く、今後も「遊び+学び」の需要を取り込む動きは活発化しそうだ。

>>日本経済新聞 2012年3月29日付 夕刊

スポンサーサイト

硬貨の製造枚数/2011年

2012 - 03/30 [Fri] - 14:26

【7億3800万枚】

硬貨の製造枚数が減り続けている。造幣局によると、2011年7億3800万枚と8年連続で前年実績を下回った。電子マネーが普及、小銭で代金を支払う場面が減っていることが背景とみられている。
硬貨別の製造シェアでは一円玉の落ち込みが目立つ。1991年には54.7%が一円玉だったが、昨年はわずか0.1%。五円玉や五十円玉も減った。逆にシェアを大きく伸ばしたのが五百円玉。長引くデフレで、ワンコインで買えるものが増えたことなどが影響しているようだ。

>>日本経済新聞 2012年3月29日付 夕刊

派遣労働者数/2011年度

2012 - 03/29 [Thu] - 20:12

【137万人】

改正労働者派遣法が28日に成立し、30日以内の短期派遣が2012年度中に原則禁止されることになった。繁忙期に短期派遣を使うことが多い運送業や流通業などで影響が出そうだ。製造業派遣の原則禁止などを盛り込んだ当初案に比べて規制強化の色合いは薄れたが、企業の間で「派遣離れ」が進む可能性もある。
短期派遣は配送会社が歳暮や中元の時期、引っ越し会社が異動シーズンと季節によって繁閑の差が大きい業種が多く活用している。「アパレル会社の新規開店時や自治体の選挙の開票作業でも使われる」(大手人材派遣会社)という。
今回の改正法では、30日以内に雇用期間を定めて契約する短期派遣は、家計を支えていない人や学生、高齢者を除き、禁止する。企業にとっては需要期に働き手を確保できなくなる恐れがある。
企業の派遣離れは今後も続きそうだ。日本総合研究所の山田久調査部長は「規制強化で、企業はより派遣を使いにくくなり、派遣労働者の待遇改善にもつながらない。今後、見直しが必要だ」と指摘している。
2008年のリーマン・ショック後の派遣の雇い止めの批判を受け、派遣労働者の市場は急速に進んでいる。仕事がある時だけ派遣会社と契約を結ぶ「登録型」を除く派遣労働者数は、2011年度137万人となり、ピークの2008年度から3割減少した。

>>日本経済新聞 2012年3月29日付 朝刊

 | HOME |  »

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。