すうじスクラップ:2012年01月

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪薬の市場規模/2011年

2012 - 01/28 [Sat] - 22:33

【970億円】

日本の約8割の家庭が常備しているといわれる総合感冒薬(風邪薬)の売り上げは縮小している。調査会社のインテージによると、2011年の市場規模(販売金額)は約970億円と、2005年の1139億円を境に6年連続の前年割れ。特に、新型インフルエンザが流行した2009年には75億円の減少と大きく落ち込んだ。
意外な感じがするが、予防の意識が広がったうえ、頭痛や発熱など初期症状が表れると、すぐ病院に駆け込む人が増えたことが影響したとみられている。
これと対照的なのが、2009年のうがい薬と手指消毒薬の市場だ。2009年にうがい薬の売り上げは前年比5割増、手指消毒薬は一気に約7杯に膨らんだ。
風邪薬の中でも健闘しているタイプもある。熱や重症になった喉の痛みなどに効果が高いとされるイブプロフェンを含んだ大人向けの商品。体調が悪くてもなかなか休めないビジネスパーソンが主なターゲットで、この6年間で風邪薬全体に占める比率は2割から3割程度に高まったとみられている。日本人ビジネスパーソンの典型的な行動パターンが医薬品の販売動向からも読み取れる。

>>日本経済新聞 2012年1月28日付 NIKKEI PLUS1

スポンサーサイト

外国人労働者数/2011年10月

2012 - 01/28 [Sat] - 22:25

【68万6246人】

厚生労働省は27日、2011年10月時点での外国人雇用の届け出状況を発表した。外国人労働者数は68万6246人となり、届け出ベースで前年比5.6%増えた。東日本大震災の復旧需要などを背景に製造業などで短期雇用に就く外国人が増えたとみられる。
外国人労働者を雇っていると届け出た事業所数は前年比7.2%増の11万6561ヵ所。働く人を国籍別にみると、中国が29万7199人と最も多く全体の43.3%を占めた。産業別では製造業が最も多い26万5330人となり、全体の38.7%だった。

>>日本経済新聞 2012年1月28日付 朝刊

映画興行収入/2011年

2012 - 01/27 [Fri] - 13:30

【1811億円】

日本映画製作者連盟が26日発表した2011年の映画興行収入は2010年比18%減の約1811億円だった。入場者数は17%減の1億4472万人。大ヒット作品が少なかったことに加え、東日本大震災で映画館が休業したことも響いた。
興収は集計を始めた2000年以降の平均の2000億円に比べても低い水準となった。内訳は、邦画が16%減の約995億円、洋画は20%減の約816億円となり、4年連続で邦画が洋画を上回った。
最大のヒット作は「ハリー・ポッターと死の秘宝PART2」(約96億円)。邦画トップはスタジオジブリ制作のアニメ「コクリコ坂から」(約44億円)だった。
興収10億円以上の作品は2010年より6作品多い54作品あったが、大ヒットに恵まれなかった。入場料の高い3D(3次元)作品のヒットも少なく客単価は減少した。
震災の影響もあって昨年末の映画館スクリーン数は3339で2010年より73減るなど、映画市場は飽和状態に近付いている。

>>日本経済新聞 2012年1月27日付 朝刊

 | HOME |  »

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。