すうじスクラップ:2009年10月

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランチャイズチェーン(FC)の店舗数/2008年度末

2009 - 10/30 [Fri] - 17:43

【23万822店】

FC方式は本社が外部人材の店主に商標使用を認めたり経営ノウハウを提供したりする一方、FC店が一定利益をロイヤルティーとして支払う。
JFA(加盟企業数400社強)は加盟社以外も含め、国内2000社を対象に調査した。2008年度末の総店舗(直営店含む)は23万822店で、1974年度の統計開始以来初の減少。小売業は3.6%の増加を維持したが、家庭で食事する内食志向の逆風が吹く外食は2年連続、クリーニングなどサービス業は7年ぶりのマイナス。
2008年度の全チェーン店の総売上高は2.5%増の20兆8000億円強だった。コンビニエンスストアの増収などで小売業は6.2%伸びたが、外食が2.4%、サービス業が8.9%それぞれ減った。
米国発祥のFCシステムが日本に持ち込まれたのは1960年代で、不二家や清掃用具レンタルのダスキンが先駆けとされる。1974年のセブン-イレブン・ジャパンによるコンビニ展開で広まった。外部の人材や資産を活用できるFC経営は直営店に比べて投資を抑えながら事業を拡大しやすく、参入が相次いだ。
ただ、近年は少子高齢化に伴う市場縮小に加えてオーナーのなり手が減ったこともあり、多くのFCが伸び悩む。

>>日本経済新聞 2009年10月30日付 朝刊

スポンサーサイト

使用済み核燃料の量/2009年3月末

2009 - 10/30 [Fri] - 16:15

【1万2600トン】

原子力発電所の敷地内にある燃料プールに使用済みの核燃料がどんどんたまっていっている。なかにはあと数年で満杯になる原発も。日本原燃の再処理工場(青森県六ケ所村)完成が再三にわたって延期となり、再処理を待つ使用済み燃料が積み上がってしまった。
国内17ヵ所の原発敷地内にある使用済み燃料は合計1万2600トン(3月末時点)で、容量の3分の2が埋まった。例えば、東京電力の福島第1原発(福島県)では容量の約8割に達し、このペースだと2012年度後半に満杯になる計算だ。
日本では原発から出る使用済み燃料を再処理し、再び燃料として使う核燃料サイクル政策を進めている。六ヶ所村の再処理工場は同政策の中核施設だが、相次ぐトラブルで試運転がずるずると長引き、稼働のめどは立っていない。

>>日本経済新聞 2009年10月29日付 夕刊

ネット利用者のサイトパスワード平均所有数/2009年3月

2009 - 10/29 [Thu] - 15:19

【19.2】

野村総合研究所が3月に実施した調査(1000人が回答)によると、ネット利用者は平均19.2サイトのパスワードを所有。58.5%の人が「パスワードは増やしたくないが増えてしまう」と答えた。ネットサービス会社アイシェア(東京都渋谷区)の7月の調査では、ネットで使うパスワードを「忘れたことがある」人が9割にのぼった。

>>日本経済新聞 2009年10月27日付 夕刊

 | HOME |  »

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。