すうじスクラップ:2009年02月

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炭酸飲料の市場規模/2008年

2009 - 02/28 [Sat] - 12:11

【2億1800万ケース】

炭酸飲料の販売が好調だ。サントリーによると、2008年の市場規模は2億1800万ケースと前年に比べて6%増加。同9%伸びた2007年に続き、2年連続で前年実績を上回った。今年も清涼飲料全体の市場規模が微減になると予想されるなか、炭酸飲料は1%程度拡大しそうだ。
炭酸飲料のこれまでの主な購買層は10代以下の学生や子ども。甘く、高カロリーの商品が多いこともあり、体形や健康を気にする大人には敬遠する人も多かった。
だが、2007年からカロリーゼロの商品が相次ぎ登場。炭酸飲料でシェアトップの「コカ・コーラ」ブランドの「ゼロ」の発売が低・ゼロカロリーの炭酸飲料の人気に火を付けた。その結果、ミネラルウォーターや低カロリーが売り物だった茶飲料から需要がシフトした格好だ。

>>日本経済新聞 2009年2月28日付 朝刊

スポンサーサイト

即席めんの生産量/2007年

2009 - 02/28 [Sat] - 12:07

【袋めん:19億食】
【カップめん:32億食】


日本即席食品工業協会(東京・台東)の調査によると袋めんの国内販売は縮小基調だ。国内生産量は1972年の37億食をピークに下落し、2007年19億食。湯を注ぐだけで食べられるカップめんへの需要シフトが理由で、2007年のカップめんの生産量は32億食だった。

>>日本経済新聞 2009年2月28日付 朝刊

電子部品の出荷額/2008年

2009 - 02/28 [Sat] - 12:02

【世界:4兆3231億円】
【国内:1兆6269億円】


電子情報技術産業協会(JEITA)が27日まとめた電子部品の出荷統計によると、日本メーカーの2008年の世界出荷額は前年比14%減の4兆3231億円だった。10月以降に下落幅が拡大し、12月は調査開始以来最大の40%減となった。2009年も回復は見込めず出荷額低迷は続きそうだ。
2008年の国内出荷額は1兆6269億円と12%減った。テレビ、携帯電話、自動車向けなどが軒並み不振。品目別ではコンデンサーが15%減の8178億円、コネクターが10%減だった。輸出も振るわなかった。


>>日本経済新聞 2009年2月28日付 朝刊

 | HOME |  »

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。