すうじスクラップ:総数

今ある数字からその先を考える。新聞記事の中で数字に関する記事をスクラップしてメモしています。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融資産が1億円を超える世帯数/2013年

2015 - 06/19 [Fri] - 12:10

【101万世帯】

多様なサービス業が高額消費の取り込みに動いている。家事代行大手のベアーズ(東京・中央)は料金が通常の倍の富裕層向けサービスが好調で、札幌など地方の需要開拓にも乗り出す。栄光ホールディングスは英語で育てる月5万円以上の学童保育を始めた。シニア以外の富裕層も増え、日常的なサービスでも高額消費が伸びている。選択肢を広げて需要を開拓する。
野村総合研究所によると、金融資産が1億円を超える世帯は2013年時点で101万世帯。その後も株価上昇などが追い風になり、富裕層の消費意欲は拡大している。
総務省によれば2015年4月の宿泊業の消費者物価指数は前年同月比で0.8%上昇。塾などの補習教育の価格は同0.6%の増加だった。ともに上昇傾向が続いている。中間層以下の節約志向が根強い中で、富裕層の高額消費が押し上げ要因になっている可能性がある。

>>日本経済新聞 2015年6月19日付 朝刊

スポンサーサイト

ゴルフ場のプレー人口/2013年

2015 - 05/25 [Mon] - 14:30

【860万人】

コースの予約は3カ月、練習場でも3時間待ちは当たり前--。バブル景気の象徴的な存在だったゴルフ場が人気低迷にあえいでいる。市場規模は1992年のピーク時から半減、約800万人いる団塊世代が人気を支えてきたが、若者のゴルフ離れなどでコース参加人口は1480万人(1992年)から860万人2013年)にまで減少した。
経営破綻するゴルフ場が2011年ごろから相次ぎ、この5年で全国約100カ所が閉鎖に追い込まれた。メガソーラー発電所に跡地が転用される例が目立ったが、既に飽和状態で用地転換もままらなず放置されるコースも少なくない。

>>日本経済新聞 2015年5月25日付 朝刊

大学発ベンチャーの設立数/2013年度

2015 - 05/25 [Mon] - 11:11

【52社】

大学発ベンチャーの設立数は横ばいが続く。2013年度は前年度より1社増え52社だった。2001年に政府は「大学発ベンチャー1000社計画」を打ち出し、2004年度中に達成。年度ごとの新設数もピーク時には252社まで増えたが、その後はリーマン・ショックの影響などで減少した。
研究開発型の大学発ベンチャーはリスクが高く、資金が集まりにくい事情もある。ただ政府の後押しで国立大学がベンチャーキャピタルを立ち上げる動きなどもあり、今後は再び増勢に転じるとみられている。

>>日本経済新聞 2015年5月25日付 朝刊

 | HOME |  »

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。